ダブル剥ぎ

裾によく使う編み始めからのダブル剥ぎ。教室で教えて頂いたとき、とても感動しました。ゴム編やガーター編より簡単でキレイ、既製品のように仕上がります。ここで紹介するのは、薄地の場合です。普通に捨て編から入り、抜き糸を通します。ダブルの部分は身頃のダイヤルより1詰めて編みます。ダイヤルを詰めた分だけ丈が縮むのでニットリーダーの段数に表裏1段ずつプラスして編みます。2段目を編むときに必ず左端を引っ張ることを忘れずに。
忘れるとあとで針にかけるとき目がきつくて糸が切れたりします。

post by teiko

コメント